<< 常任委員会決まりました | main | 上尾道路挟工事に関するレポート >>

自殺予防講演会 佐藤久男氏による講演

0

     5月24日(日)午後2時半からクレア小ホールにて秋田県のNPO法人蜘蛛の糸を主宰する佐藤久男氏の講演が行われました。私は、5年以上前だったと思いますが、中屋敷県議と秋田県の自殺対策について視察をした際に佐藤氏もお訪ねして、お話をうかがったことがあり、最近はフェイスブックのつながりで情報交換もしてきました。
     この度講演会を主催したのは、鴻巣市のNPO法人メンタルサポートアカデミー(佐藤茂則代表)で、私は今回初めてお会いしたのですが、もう10年以上活動をされているとのことです。

    「蜘蛛の糸」は自身の経営失敗で鬱をわずらい、自殺を考えてきた佐藤久男代表本人の経験をもとに、立ち上げた相談機関で、おそらく、鴻巣の佐藤代表も同じような活動をしているのだと思います。

    自殺対策はどの地域でも最初は、不可能と言われ、ゼロ、あるいはマイナスの状態からスタートしています。しかし、この講演会で佐藤講師は富士登山で言えば現在4合目あたりと考えていると言っていました。それは、頂上は雲の上で見えないけれど、下を見渡すことができる段階にあるということだそうです。
     鴻巣市では、昨年12月議会で常任委員会提案で自殺対策条例が全会一致で可決し、今年4月1日から施行されました。まだスタートしたばかりで、条例に則ったことはほとんど始まっていない状況ですが、これから実態把握、計画作りへと進んで行くことになります。私は教育分野にもしっかり落とし込んで、その効力を発揮させたいと考えています。今後担当課である健康づくり課としっかりやり取りさせていただきます。
     
    のもと恵司 * 自殺対策 * 20:51 * comments(3) * -

    コメント

    つらい心中お察しします。社会のペースで生きようとすると難しいことも多いと思いますが、不調な状態であれば、自分のペースで生きれば良いと思います。
    少し動くことができれば市の保健センターや社会福祉協議会に相談していただきたいと思います。
    動くことがむずかしければ私もお手伝いします。
    メールを送ってください。
    Comment by nomoto @ 2016/11/08 5:37 PM
    つらい。
    自律神経失調症(心身症)と不眠症とうつ病と、高血圧などの身体的な不調により仕事ができず、不眠から朝起きて連絡できずに、上司から無断欠勤となると厳しく叱咤を受けました。
    なにもかもあきらめて仕事を休職するか認められなければ退職して身辺整理すべきなのでしょうか。
    なんとなく居場所が見つかりません。
    自殺はする気がありませんが、もう心臓発作でもなんでもいいから終わりが欲しい。
    Comment by 鴉 @ 2016/11/08 12:39 PM
    残されたものは悲しみに暮れますが、せめて亡くなった弟は苦しみから解放されていると信じたいです。 生まれ変わりとか信じていませんが、私の弟じゃなくなってもどこか笑っていてくれれば救われます。
    Comment by 鴉 @ 2016/03/26 6:24 PM
    コメントする









    このページの先頭へ