<< 春に向かって前進していきましょう! | main | 鴻巣びっくりひな祭り2014の思い出 >>

自殺防止対策キャンペーン

0
    3月4日、鴻巣市議会文教福祉常任委員会1日目終了後、常任委員会として、自殺防止対策条例について、委員会提出議案としてはどうかという検討を始めました。先日の相模原市の視察を受けてアクションをはじめようという議員の機運が高まりました。まずは鴻巣市の自殺対策事業の現状を知るところからはじめようということで合意。奇しくも、その夜18時から自殺対策強化月間のキャンペーンで吹上駅にて市役所庁内連絡会議のメンバーによる啓発品の配布を行うというので、委員会メンバー議員にも声をかけ5名が参加しました。県の保健所スタッフ2名、鴻巣女子高校のボランティア6名も加わり、総勢30名以上の大きなキャンペーンとなりました。参加した各課の職員とともに市民の尊い命を守るための一体感を感じ、条例づくりの大きな動機付けになったと思います。 知らない状態から知っている状態にすること。告知・啓発は非常に重要なことです。 「休もうよ ステキな笑顔 戻るまで」今回のテーマです。  
    写真をクリックすると拡大します。
     



     
    のもと恵司 * 自殺対策 * 23:21 * comments(2) * -

    コメント

    鴉さん
    本当に残念なことです。
    私も同じような体験をした者として、議員としてやるべきことを考え進めてきました。国県の自殺対策基金がなくなってしまう可能性のある現在、私たち議会では常任委員会提出による自殺対策条例案を作っています。12月議会に提案することを目指し、打合せを重ねています。
    無力感も感じながら、それでも「あくまでも強気」と言い聞かせながら進んでいます。
    Comment by nomoto @ 2014/08/19 10:26 AM
    鴻巣警察署から、白骨死体が見つかり弟の身元を示す物があったと連絡を受けました。
    家を出るとき携帯電話も置いていき居場所もわからず連絡も取れず半分諦めていたとはいえ、悲しいのに泣けないという何とも複雑な気分です。

    どうか一人でも同じような人を出さないよう、残った人が立ち直れる機会が訪れるよう、強く思います。
    Comment by 鴉 @ 2014/08/17 4:30 PM
    コメントする









    このページの先頭へ