<< 鴻巣市6月定例議会 本日スタート | main | 11日・12日は吹上支所で >>

原子力発電と日本のエネルギー問題を考える

0
     私は、議員1期目から地球温暖化に取り組む活動をしてきました。その中で、欠かせなかったのが原発問題です。石油依存から脱却するために原子力発電を私が容認するかどうか大きな課題でした。東海村の原子力発電施設に視察に行き、その仕組みや安全管理について東京電力が出している資料を確認しました。確かに東電の想定内であれば安全なはずでしたし、核燃料サイクルも完結しているはずでした。

     新潟県中越沖地震が起こった際、柏崎刈羽原子力発電所は大きな被害を受けたが放射能漏れについては大きな被害ではなかったと思われます。それが、今回の福島第1原発事故への前段階となっていたと私は思います。
     ただし、私たちの住む鴻巣もそうですが、通常地震の想定はその地区に起こる直下型地震に対するもので、今回のように遠方で発生した地震の揺れ(大きな横揺れ)とは別物ではないかと思います。そしてさらに津波。
     原発と地震国日本の関係は、どんなに技術力が高くても相反するものであると言わざるを得ない。これが結果です。この事実を誰も否定できません。
     それではどうするか。
     まず、原発を止めなければならない。
     しかし、ピーク時の電力需要を賄えないと電力会社から言い渡されています。
     実際にどうなのか?それは電力企業の都合であると思いますが。私は本を読んだり、いくつかの講演を聞いたりして、自分の判断のために材料を蓄えました。ピークの電力需要を賄うために原発を動かすというなら、ピークを分散させたり下げる努力やそれが実現するための仕組みを創るべきというのが今できる最良の方法であると考えます。実際外国の先進事例もあります。

     原発問題に対する正しい認識も必要です。その正しい認識のためにどれが本当の情報なのか。政府が日本の将来のために、日本の一人一人の国民のために誠意をもって正しい情報を提供するのが一番望ましいことですが、現状それも見込めないとしたら、個々人が自分の力で判断していかなければならないのです。そして、私は原発は止めるべきと思います。というのは暴走を始めたら誰も止められない。そして、人類にかつてない有害な物質を放散して私たちの将来を不幸にしていくからです。
     ここで正しく理解していかなければならないのは、私たちの現在の不幸ではなく、将来の不幸であるということ。こんな悲しいことはありません。

     もう一つ、先日国会で起こった首相に対する不信任決議案。これは確かにそんな案を出させるようなだらしない首相が悪いのですが、政党間の争いになってしまっているのはさらに悪さを引き立たせます。国民にとって良いことをやっているはずなのにそれが良いと受け取られない事態なのです。今はひたすら地道な作業が必要な時なのです。アメリカが9.11以降時代が変わったように、もっと悲惨な3.11により日本のそして世界の時代が変わらなかったら私たちはその時何をやっていたのかと未来に責められるでしょう。
     原発に関しても、政党の主張がはびこることと思います。でも、政党のために原発を排除するのではありません。あくまでも市民のためにやるべきことをやる。そうでなければ誰も従っていけないのだと思います。

     勢いで書いてしまいました。文中に挿入しようと思っていた写真をこの後に掲載します。
    講演会場は六本木ヒルズの隣にあるテレビ朝日のビルで、ほかの用事もあったので、浜松町から歩いていきました。途中東京タワーの下を通った時の写真。地震の影響で先端が曲がってしまっているのがわかります。
    田中 優氏の講演。事実とともに、あくまでも希望を見いだせる解決法をともに語ってくれました。
     「家庭ではそれほど消費していない時間帯に電力需要のピークがあるという事実。そしてそれを回避する方法は電力料金の制度の工夫が一番有効である」という解説。
     講演会2部はパネルディスカッション。環境問題に取り組んでいる俳優いしだ壱誠さんも熱く訴えています。

     講演で分かったことを一つお伝えしておきます。
    放射能で主に放出されているのは、ヨウ素131とセシウム137という物質です。そして要素は8日で半減するので、現在はあまり放出していないことからそれほど心配しなくてよいだろうという判断でした。しかし、セシウムは半減期が30年なので、これに注意しなければならない。さらに、人体に入ると筋肉と子宮に蓄積されるとのことで、特に妊娠中またはこれから妊娠する女性(子どもも含まれる)は取り込まない工夫が必要とのこと。
    覚えておかなければならないと思います。

     もう一つ気になること。
    鴻巣市の水道水の検査について、微量ではあるが、ヨウ素が検出されています。8日で半減するというのに、事故から3か月たった現在でもこれだけ地下水で検出されるのはどういうことなのか、私には理解できません。つまり半減に半減を重ねて今の数字に至ったのか?それとも、レアなヨウ素が地下水に流れ込みつづけているのか?

    のもと恵司 * 環境関連 * 21:14 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ