信念!妥協?エージング!?

0

     朝、自民党の駅頭活動をしていて、通学途中の高校生男子の持ちものが私の心に引っかかった。別に何か特別なものを持っていたわけではない。野球部らしき彼は黒い布製の靴袋をバッグとともに持っていて、それに大きく金の刺繍で「信念」と書いてあった。
    彼は心に願ったことを実現することを信念として掲げ、何としても達成する決意を表していると想像できる。それは個人が達成したいと願うことかもしれないし、チームとして成し遂げたい成果に対しての固い決意かもしれない。
    それを見て素晴らしいと思った。その直後、私は55年生きてきた自分の人生を振り返って、妥協も必要だと思った。
    理想は誰だって持てるし、それを目指すことは誰にでもできるけれど、実現できる人は非常に少ない。つまり信念は持っているけれど、実際にそこに到達できる可能性は低いのだ。みんな勝って甲子園に行きたいし、優勝したい。けれども、それがかなう人は1つのチームだけだ。後の人たちは敗北し、その結果に甘んじなければならない。当然達成できなかったという悔しさ無念さが頑張った分だけ強く残る。それをどう乗り越えるか、自分の中でどう消化していくかが大きな課題で、それを克服しなければならない人のほうが圧倒的に多い。

     私の末娘は専門学校2年目で春から就職活動をしている。自分でやりたいと思う仕事を見つけては面接に行くが、ことごとく落とされる。そんなことを繰り返すうちに自信は激減し、大変落ち込む。以前はたくさん持っていた未来への期待感はどんどん少なくなっていく。
     それでも、みんな生きていかなければならない。かつて思い描いた通りの自分でなくても、なんでこうなっちゃったんだろうと思う現実であっても。
     「信念」という文字を見た瞬間、私の脳裏に浮かんだ言葉は「妥協」。
    これができないと多くの人は生きていけない。それは悪いイメージとしてではなく、受け入れるゆとり・幅を持てるようになること。これが「大人」になるということなのかも知れない。

     私はクラシック音楽が好きで、学生時代から自分で演奏したり、コンサートに行ったりレコード・CDを聴いたり、親しんできた。ここ十数年は地元コミュニティFM放送の音楽番組制作やクラシックコンサート主催活動をしている。そんな中で、過去に培われた音楽経験は間違いなく自分の基礎となっているが、日々新たな発見や変遷もある。若いころ好きだった音楽は聞かなくなり、そのころ絶対に好きにならないだろうと思っていた音楽を愛好するようになった。それは自分の中の新たな発見ということだと思う。同時に変わらないものもある。音楽というのは耳だけでなく、体全体で受ける周波数の振動のようなものだから体が感じる心地よさというのは傾向があるに違いない。
    ラジオ番組制作で関わっている方々の影響も間違いなくあって、最近は古楽器の音が私の体に良く合ってきた。

     たまたま最近、ネットオークションで古いオーディオを手に入れる機会に恵まれた。かつて絶対に手が出なかった高級オーディオだが幸運なことに自分の手が届く範囲で買うことができたのだ。期待感を胸に音を出してみると、今まで自分が慣れ親しんできた音とだいぶ違っていた。それは良いとも悪いとも言えない「今までと違う音」である。
    今までも自分の持っていた再生装置が悪いとは思っていなかったが、変えてみると自分の知らなかった世界があったのだという新たな発見と驚きを感じた。オーディオ専門の解説などを読むと、「機械のエージングが何十時間必要」と書いてあることがある。いわゆる慣らし運転ならぬ鳴らし運転だ。確かに新しい機械にはそういうことがあってもおかしくないと思うが、中古に関してはこれまで使われてきたのだから必要ないと思っていた。
     ところが、入手後いろいろ工夫しながら聴いていると明らかに初めて音を出した時とは音が良くなったように感じる。もちろん自分の好みに合うようにイコライザーで調整したり、ケーブルを新しいものにしたり、接触部分の調整をしたり努力もしてきた。そのように自分好みに改善を図った面もあるが、わたしは機械のエージングと同時に自分の耳や受け止める感性のエージングがかなり大きかったように思う。オーディオの工夫と自分の歩み寄りで良い音は出来上がると思う。
     そういえば、思い出すのがバロック音楽のコンサートに初めて行った時の事。古楽器というのはなんて弱々しくて貧弱な音なんだろうと思った。確かに現代の楽器は改良されていて、音も大きいし張りがある。けれども、今現在、私はそう感じてはいない。なんて良い響きなんだろうと思う。今や現代の楽器よりもはるかに好きだ。音そのものが変わったのではない。私が変わったのだ。そもそも、古楽器は現代の楽器と演奏される環境がちがう。小さな音が十分楽しめるサイズのホールで演奏されていた。それがより大きなホール、演奏される場所が変わるのに合わせて楽器も進化して行った。より大きな音、ダイナミックレンジが求められ、それが楽器進化や演奏技術により実現していったのだ。けれども、それによって音楽に優劣ができたとは私は思っていない。かつての音楽は、その与えられた環境に対して最高の品質を返していた。例えば、チェンバロのように音の強弱がつけられない楽器では、演奏法や演奏技術により今と同じ、いやそれ以上の品質を聴衆に返していたと私は思う。

     音・音楽は耳や体から知識や感情・心、想像力など体のすべてを総動員して受ける空気の振動だ。それは出す側が同じものを提供していても、受け取る側がみな同じに受け止めるわけではない。何万人が聴いている大きなコンサートであっても全員が同じに感じるわけではない。聞こえ方も違う。感じ方も。楽しむには音楽に対する知識も大切かもしれない。それはあえて机に向かって勉強しなくても、体験を積み重ねていけば自然に厚くなっていくと思う。

     今はこれが最高と思っているものがあっても、それは信じているだけであっていつまでも続くものとは限らない。
    私の部屋にある以前のオーディオを改めて聞いてみたが、かつて感じていたようにはもう感じられない。新たな体験に私自身がエージングされてしまったから。(と言えばかっこよく聞こえるが、発売当時の定価ベースで15万くらいの装置とその10倍の装置で違いがないはずないか)

     人生を生き抜くには信念と同時に妥協が必要だと思う。改めて言う必要もないだろうが。ただ自己満足できるように、あるいは我慢できるように自分をエージングすること。人間には基本的機能として備わっている。良いことにも、悪いことにも慣れてしまうことが。
    のもと恵司 * 感想・随想 * 14:40 * comments(0) * -

    鴻巣市内3駅にて 平成28年熊本地震 被災者救援募金活動

    0

      自民党中根一幸衆議院議員の呼びかけで、上尾から鴻巣の自民党所属議員団がそれぞれの街で、このたびの熊本地震被災者のために4月17日(日)から救援募金を行いました。

      鴻巣市内では17日(日)に鴻巣駅、19日(火)北鴻巣駅、そして20日(水)吹上駅で募金活動を行い、市内3駅で合計262,359円の心のこもった募金をお預かりしました。
      この募金は中根一幸衆議院議員が各市を取り纏め、全額被災された方々にお送りします。
      今後もまだまだ先の長い活動になると思います。私たちにできることを自民党チームとして逐次行っていくつもりです。
      ご協力くださったみなさま本当にありがとうございます。
      (この記事の写真はすべて4月20日吹上駅での活動です)
      のもと恵司 * 感想・随想 * 08:05 * comments(0) * -

      熊本県の大地震で被害を受けられた方々に心からお見舞い申し上げます。

      0
         尊い命を落とされた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
        14日21時28分 私のスマホの防災速報アプリが鳴った。何が起こったのか確認すると地震情報。熊本県熊本で震度7。まさか!間違えではないのか?と目を疑う。しかし、その後、インターネットでもテレビ放映がはじまり、その状況が次第に明らかになりはじめ、事態の深刻さがわかってきた。
         すぐに頭によぎったのは参議院議員の熊本県選出 松村祥史同志の顔。
        ほぼ30分おきに震度5以上の余震が連続して起こり、その最後は1時53分の震度5弱。その間震度5とか6が7回も起こり、本当に現地は混乱しているだろうと推測。被害が拡大しなければ良いと念じながら朝を迎える。
        家屋の倒壊とともにこれまでに9人の死者が出ている。報道によると余震は140回にのぼるそうだ。
        私たちは、阪神淡路を忘れない。そして東日本大震災を忘れない。そして今度は「平成28年熊本地震」を心に刻むことになる。同じ日本国民として、私たち一人一人にできることを始めよう。
        のもと恵司 * 感想・随想 * 10:07 * comments(0) * -

        産業成長支援メニュー

        0
          埼玉県産業振興公社主催の生活サポート産業成長支援事業 成果発表会に参加しています。

          公社が支援した企業の事例をお聞きしています。
          展示ブースもあり、その中には鴻巣市の蒟蒻屋本舗株式会社さんもありました。景気が良くならないと言う人もいるけれど、国や県の支援を受けて努力して良くなっている企業はたくさんあります。これからの人口減少時代、降ってくる好景気はありません。自ら流れをつかみとるスキルを身につけることが必要になります。

          おそらく、不景気だと言っている人は今後回復する見込みはないでしょう。景気を作るのは自分ですから。ひとりひとりの事業者が良くなって、良い経営ができる事業者が増えることによって景気が良くなったと判断されるのです。そのために、国、県が様々な支援メニューを用意しています。かつての見せるだけのメニューではなく、サポートつきで活用できる形です。先ずやるべきことは、そこに足を踏み入れること。
          のもと恵司 * 感想・随想 * 20:52 * comments(0) * -

          知事選挙で駆け抜けた7月

          0

            7月は、7月24日告示の埼玉県知事選挙に向けての準備、そして、告示後は選挙運動に奔走した1ヶ月となりました。
            私は、前回4年前の知事選挙では全面的に上田知事の3選のために活動しましたが、今回政治に携わる者として、埼玉県の多選自粛条例を守るため、上田候補ではなく新たな埼玉県を担う候補として塚田桂祐氏を全力で応援しました。

            結果は残念ながら落選となってしまいました。いろいろと反省すべき点も多かったと思います。しかし、それ以上にこれからの埼玉県をどう発展させていくか、政局にとどまらない展開をいかに作れるか、県議会の良識と英知を結集して行かなければならないと思います。
            私は、4期目の上田知事の政策に対し思うことをレポートにまとめ、中屋敷県議に託しました。
            地方創生という大きな命題を背負い、埼玉県が取り残されないためにも、市民生活を担う地方議員として責任をもって精一杯がんばります。
             
            のもと恵司 * 感想・随想 * 12:02 * comments(0) * -

            防災訓練での思い出

            0

              今日9月6日、鴻巣市防災訓練が鴻巣中学校を会場に開催されました。
              災害はいつどのようにして起こるかわからない中で、何よりも大切なのはそのときどのように行動すればよいのかを知識としてだけでなく、体験として知っていることです。
              今回も原口和久鴻巣市長が災害対策本部長となり、市職員をはじめ、消防、警察、自衛隊、防災関係資材を有する企業や組合、支援物資を有する企業や運送関係、そして社会福祉協議会や赤十字奉仕団をはじめとするボランティア団体、さらに中学校生徒、周辺地域の自治会のみなさんが終結し訓練や体験をしました。

              私はこのような訓練に思い出があります。
              私が小学校のPTA会長を務めていた時、今から10年ほど前のこと。PTA事業として赤十字奉仕団のみなさまとのコラボで「親子で学ぶ防災教室」という事業を初めて開催しました。地域の赤十字奉仕団と当時の田中昌子校長が前年度より検討してきた事業をPTAが中心になり実現したものです。開催日は平成16年6月12日9時30分から11時30分。参加者は子供98名、保護者88名、教職員4名、赤十字奉仕団員40名で、講師は埼玉県赤十字災害救援奉仕団のみなさんで総勢241名という大事業となりました。
              内容は、三角巾を使った応急手当の実習、炊き出しにより炊飯とカレー作りで、楽しくおいしい防災講習となりました。
              この年度は、他にも田中昌子校長先生にご活躍いただき、田中校長の講話会という研修も2回開催し、大いに校長先生の教育に対するお考えを伝えていただきました。子供たちに求めることは心の自立と社会性を身に付けること。この2つのテーマは今も私の胸に刻まれています。

              子供たちの手で作った炊き出しカレーライス。頑固な講師に不満爆発!などなどいろいろな思い出があります。
              それも、すべて、おおけやの緑の中に色鮮やかによみがえります。あの時に体験したことはまるで昨日のことのようでしっかり覚えています。
              のもと恵司 * 感想・随想 * 20:18 * comments(0) * -

              6月議会を終えて

              0


                1日を終えてスヴェトラーノフ指揮ソビエト交響楽団でベートーベンの交響曲第5番を聞いています。

                癒しというにはちょっと重い曲ではありますが、自分を別世界に誘ってくれるひと時でもあります。



                本日、鴻巣市議会6月定例議会の最終日を終えることができました。

                通常6月議会はそれほど議案も多くなく、負担は軽いと考えられていますが、今回については私は一番疲れた気がします。

                それはやはり今回副議長という大役に推挙いただいたからだろうと思います。議会を代表する議長を補佐する役割。私の組織観では、副は正と同一。いつでも正の代わりを担える用意をしていなければならない。議長に代わって議長席に座る行為そのもの以上に、議会を代表するという立場の重圧が私にとっては大きなミッションであったと思います。

                それは、議会が終わったからと言って軽くなるものではなく、これからの任期の間、常について回るものであると思うし、それを感じ続けていなければならない。逆にそれを感じなくなってはならないと捉えています。それが、この役割の大きな職務ではないかと思います。副議長は議長と比べれば楽だという人もいますが、私はそうではないと思っているし、そうであってはならないと思います。



                現在のロシア交響楽団はスベトラーノフの当時はソビエト交響楽団で、その音色は独特で、ある意味泥臭く人間味溢れ大好きな音でした。その雰囲気が十分伝わるこの「運命」を聞きながら今日を終えることにします。
                のもと恵司 * 感想・随想 * 23:33 * comments(0) * -

                言いたいこと・言えないこと

                0

                  「現代社会」=「ネット社会」という言葉がピッタリ合うと思われるほどインターネットが普及していて、さらに、携帯電話端末スマホやタブレットPCなどWi-fiという電波によるネット接続がかなり普及し、昔と大きく異なることは、私たちの周りは電波という電線が張り巡らされていてもしそれが目に見えるなら、もうがんじがらめで、その電気の波の中で生活しているようなものだと思う。
                  そして、それと同じくらいそこには人の思惑が交錯している。商売であったり、善意、悪意、愛情、憎しみ、主義主張、妬み、喜び、悲しみ、駆け引き…とにかくあらゆる人の感情、欲望がその中に埋め込まれている。それらはネット社会になって生まれてきたものではない。もともとあるものがその媒体を利用するようになったのだ。もしそれが見えたなら大変なことになる。逆に見えないから存在しているのかもしれない。

                  私は7年前から市議会議員に選んでいただいた。もちろん選んでいただくためにはまず自分で自分を選ぶところから始まる。そうでなければ、政治家を仕方なくやることになりかねない。万が一そういうことであった場合はやりたくもないことをやることになるので選んでくれた人に迷惑をかけることもありうる。そんなことはあってはならないので、自ら志願してならなければならない。少なくともやりたいという意欲がある人の中から選ばなければ、より良い世の中は作れないと思うのだ。

                  政治を志す理由は本来一つであると思っているが、ふたを開けてみると実にさまざまだったりする。政治家に大切なことは何よりも「人のため」であることだ。「公平」という考え方もあると思うが、それは別次元のことであり、税金によって政治家の報酬が支払われているからと思うことができる。さらに公共事業についてもその理念が付いて回る。
                  しかし、実質はそんなに公平でもない。というか「公平」という尺度がどういう点について計られるかという根本的な基準が定められない限り不毛な議論となる。「税金」にしたって、沢山納めている人から、少ない人、収めていない人(免除)、もらっている人(援助)までの段階がある。
                  そのある意味不公平さのバランスをとる支点の場所を許容してもらうレベルをどこにするのかを決めるのが政治であり、そして、その結果を市民に納得してもらうのが政治家の仕事であると思っている。そのことについては、大部分の事業が当てはまる。たとえば国民健康保険特別会計事業。保険というのは、掛けて保障を受けるものだが、大部分の市は国保税だけでは医療費を賄い切れず、一般会計から多額の補てんをしている。つまり国保の被保険者は優遇を受けていることになる。逆に、他の保険の加入者(社会保険など)にとっては、自分に無関係な費用を負担することになる。事業においても同じこと。いくら同じ市の中のことであっても、自分には全く無関係なことに費用を掛けることに抵抗のない人はほとんどいないだろう。それは、自分たちが税金を支払っているからだ。そこで、多くの市民に利益をもたらすことが想定できる事業を公共事業と位置付ける。そこには公平さが必要となってくる。その公平はバランス感覚が必要で、それには、市長をはじめ、議員も良く理解し、説明していかなければならない。景気の良かった昔であれば、資金が充実していて、あまり問題にならなかったことも、すべてをやり切れるほどの会計予算がない中では、優先順位をつけたり、選択と集中があったりといつも難しい判断が必要となってしまう。そんな時に議員が率先して理解を促す行為をすべきと私は考える。なぜなら、議員は市民全員から選ばれているのではなく、票の人数なんて本当に市の人口から比べたら非常に少ないという結果であり、それならば選んでくれた人の意思を尊重すべきということになる。けれども、そうならない場合において活躍するのはリーダーシップ。「必ずしも選んでくれた人たちの意図するようにならない」ことを収めていくことも大事な仕事だ。

                  事業は計画(施策)によって創られていくが、その決め方として、決して正当な理由のないものは承認されないわけで、51%以上の承認が得られれば正当と認めることになる。もちろんそんなに正当性が低い事業を提案する方も見識が問われることになるが、その調整が議会においては議論されるポイントとなる。議会は公正さはもちろん必要であるが、すべてルールの上で運営され、そのルールから外れることはできないし、その中ですべて決めなければならない。だから作戦も必要となるし、根回しも必要となる。

                  議会は市民社会の縮図だ。様々な立場の代表であり、それぞれ異なる考え方が一同に集まり方向性を決する。その基準は全国すべて共通であり、もととなる法も一つだ。ところが運用するのは人で、それぞれ性格がことなるように解釈も微妙に違う場合がある。それも許容しながら地域に合った、地域に必要な施策が決められ、実行されていく。ある意味ややこしい場であるが、そのルールがあることで、ゲームのような場とも思える。私にとっては実に面白くやりがいのある場所だ。うまく行くことも行かないことも。
                  言葉にして言えないこともあるが、「すべては市民福祉向上のため」に意思決定するのである。
                   
                  のもと恵司 * 感想・随想 * 07:15 * comments(0) * -

                  商店街が復興する道筋

                  0
                     私は地域の商人の4代目でもあります。私の店つけしんは1890年創業ですから今年で124年目となります。そして今、中山道沿いの本店は4月からシャッターを下ろしたままになっています。多くの方々からご心配いただいています。またご不便もおかけしています。本当に申し訳ありません。でも全く申し訳がないのではなく、訳があります。それは、店の老朽化で看板に亀裂が入り崩れ落ちそうなので看板を取り外すことにしたからです。4月中に工事をしていただくことにしていましたが、業者さんの都合がつかず、連休明けにということになって、さらに遅れ続けています。
                    計画では、古くなっているシャッターも取り外すことにしているので、工事が完了すれば二度とシャッターを下ろすことはなくなります。つけしんの店舗がある地区は、駅前再開発の計画が25年以上前からあり、都市計画決定がされている地域でもあります。そのため、自由に改装や立替ができない事情があり、老朽化した店や住まいは新しくすることができません。再開発は現在大詰めに来ており、もう少しで進むというときに工事をするのは非常に無駄なことにもなるのですが、危険な建物で店を続け、お客様を傷つけることになったら大変なことなので、補強ではなく撤去工事を決定しました。
                     商店街を維持することは決して楽なことではありません。商店は何によって存続できるかといったら単に売上、もっと言えば利益によってしか存続できません。売上はどのようにして作るのか。お客様に買っていただいてつくるしかありません。そこで、少しでも売上を足していくために、駅前商業施設「エルミこうのすショッピングモール」1階に2年前より「こうのすやつけしん」を開店しました。2つの区画があり、一つは鴻巣のB級グルメを味わう飲食スペース。もう一つは食品を中心とした鴻巣の物産を売るスペース。ここで商店街の商品を買うことができます。そして、その売上は各商店の売上として足されていきます。地域の店が存続していくための一助となることを目指し、一生懸命売っています。もちろんそのことはお客様にもメリットとなるように努力をしています。商売が成り立つためには適正な利益が必要です。しかしそれらは大資本によりいとも簡単に崩されてしまいます。しかし、決して崩されないもの。それは地域への深い愛情であると確信しています。逆に言えば、地域への深い愛情がなければ地域の零細商店は存在価値を失うことになります。地域を愛し、そして愛される。これが私たち地域の商店の存在意義であり存在価値だと思います
                     今日5月15日からエルミこうのすショッピングモール1階のセントラルコートにてこうのす花まつり物産展を開催しています。少しでも地元のものを買っていただきたいという願いを込めて、お客様に選んでいただくにふさわしいようにコーディネートし出店各社と調整しながらスタートにこぎ着けました。みんなやる気に満ちています。絶対成功する。成功させる。そう念じて1日1日磨きをかけています。良い仕事をしたい。良い商品をご提供したい。そして気持ち良いお客様とのコミュニケーションを積み重ねたい。
                    時には意地の悪い妨害を受けることもあります。また力がないために辛い思いをすることもあります。しかし負けません。負ける気さえしません。あくまでも強気です。それはすべて我々がお客様のためになっていると信じ続けているからです。
                    のもと恵司 * 感想・随想 * 02:24 * comments(0) * -

                    清和政策研究会の懇親会 実に凄い人出!

                    0

                      5月13日、地元埼玉県第6区選出 中根一幸議員の所属する清和政策研究会の懇親会にご縁あって参加させていただきました。

                      一体何人いるのか想像もできないほどのすごい人数でしたが、中根一幸議員に会うことができました。
                      後で聞いたところによると4000人以上いたようです。

                      そのような中でしたが、全国商工会仲間の寒郡さんと宮本周司参議院議員と今後の展望について話す機会も得られました。
                      政府の政策を地域に生かす使命を持ってこれからもしっかりやって行く決意を改めて心に刻みました。
                      のもと恵司 * 感想・随想 * 01:03 * comments(0) * -
                      このページの先頭へ